スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSO2でSSAA

PSO2はゲーム内にアンチエイリアシング(AA)機能を持っています。
しかしゲーム内機能で使用されているAAは、PC負荷が重くならない様に配慮された簡易的なAAですので、画質的にはやや物足りないです。

そこで色々試行錯誤して、更に高画質である「スーパーサンプリングアンチエイリアシング(SSAA)」をかける方法を見付けましたので、紹介します。

ただし、GeForce系のグラボ限定です。
Radeon系は使用していないのでわかりません。

また、SSAAはグラボにかなり負荷がかかります。
この方法は、GeForce GTX 580クラスのグラボがないと厳しいと思われます。
この方法を試した結果、「PCが壊れた」「グラボが燃えた」「不正ツール使用とみなされてBANされた」「もう普通の画質には戻れなくなった」等のいかなる損害についても責任を負うことはできませんので、あくまでも自己責任でお願いします。


今回紹介する方法は、Lavendy様およびAIGR社様の画質設定方法を基にしています。
お二方の設定方法はたいへん参考になりました。 感謝します。

Lavendy様 PSO2で手動アンチエイリアシング ex. NVIDIA Inspector 1.9.6.4(5/6追記):
http://lavendy.net/pso2/2012/04/pso2_set_antialiasing.html

AIGR社様 PSO2でのInspector設定
http://aigrinc.ec-net.jp/pc/files/24556fa1b8b8e4ca7678cf8a1c462972-13.html


あと、私の方法にはまだ欠点があります。
・影の品質が落ちます
・文字が若干ボケます

これらの欠点を改善する、もっとよい方法があるかもしれません。
この記事を見て、これらの欠点を改善する方法を見付けてくれる方が現れてくれるとよいのですが。



今回キーとなるのは「NVIDIA Inspector」というツールと、PSO2内にあるuser.pso2というファイルです。
「NVIDIA Inspector」の入手方法やインストール、使用方法についてはググッてみてください^^;


■ バージョン
GeForce R300 Driver 301.42
NVIDIA Inspector 1.9.6.6


■ 設定方法
1. PSO2を起動し、「環境設定」>「簡易設定」>「簡易描画設定」を「5」に設定します。

setting1.jpg

今回紹介する方法は、この設定5よりも更に重くなります。
この設定5でゲームをプレイした時点で既に動作が重い、という方は、残念ですがご遠慮ください・・・。


2. 「設定を保存」ボタンを押します。

環境設定が以下のフォルダ内の user.pso2 というファイルに保存されます。(Windows 7の場合)
C:\Users\ユーザー名\Documents\SEGA\PHANTASYSTARONLINE2


3. 一旦、PSO2を終了させます。


4. user.pso2をメモ帳等で開きます。
開く前にこのファイルのコピーを保存して、バックアップをとっておくとよいでしょう。


5. Draw > Display > ShadowQuality の数値を「5」から「3」に変更し、上書き保存します。

userpso2a.jpg

これでお分かりの様に、影の品質を下げています。
しかし、この設定値を4以上にしてSSAAを使用すると、何故か画面が暗くなってしまうのです・・・。


6. NVIDIA Inspectorで以下のように設定し、「Apply changes」ボタンを押します。

nvidia_i.jpg

キモとなるのは、「Antialiasing compatibility」の「0x004010C0」という値です。
ここの値を変更すると、AAがかからなくなったり色々変化が起こりますが、まだ詳しい事はよくわかりません。

「0x004010C4」の方が文字がクッキリする、というのが分かっているのですが、「0x00000004」のビットを立てるとSSAAの利きが弱くなりギザギザが目立ってしまいますので、「0x00000004」ビットはオフにしています。

また、「0x00000080」のビットを立てないと、SSAAはボケボケになってしまいます。


■ 結果

左が今回設定したSSAA、右がPSO2のAA機能による画面です。

compare1.jpg



拡大してみます。
左のSSAAの方が以下の点で綺麗になっているのが分かるかと思います。
・髪の毛のギザギザが少ない
・目がすっきりして見える
・首と襟の境界が綺麗
・タイと肌の境界が綺麗

comp_2ac.jpg



しかし、この設定は非常にPC負荷が高いです。
私の環境GeForce GTX 580 SLIでも、マルチパーティエリアで複数のテクニックが炸裂すると、60fpsを下回ります。

さらに、今回は3x3 SSAAという設定ですが、本当はもっと上の4x4 SSAAという設定があるのです。
4x4 SSAAはさすがに重くてキツイので、諦めました・・・。
もっといいグラボが欲しくなりますね^^;





『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
関連記事

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

お世話になります。トラックバックをいただいて恐縮です。
InspectorのSSAAの値、お見事なのです。一応私もちょっぴり前に
同じ値は探し当てていたのですが、おっしゃるその影の問題なり、
正式版公開時に変わらないかどうか・・・など、さらにはInspectorが
頻繁にバージョンアップするものなので(汗笑)、正式リリース時に
まとめる予定ですが、これなら近いうちにあげておこうと思います。
値はずばりのそちらで問題ないと思います。0x004010C0、ですね。

私は液晶テレビ・・・東芝レグザ 47ZG2 なので、いわゆるPC向けの
アンチエイリアシング基準ではぼけぼけになりやすいところがありますけど、
今のところそちらでもうまくジャギーを消せるパラメーターとして、
SGSSAA(スパースグリッド・スーパーサンプリングアンチエイリアシング)を
用いる手法があります。これなら影品質5でもばっちりですよ('-'*)

一例として「4xMSAA+4xSGSSAA」(4x Multisampling + 4x Sparse Glid Supersampling)
あたりでしたら、コルさんのGTX580 SLIでばっちりな負荷具合になるのではないでしょうか。
フレームレートも加味するならこのあたりが限界のように思います。私の1枚環境では
乱戦時やテクニックエフェクトで処理落ちする以外は、1920*1080のフルオプションで
フルフレームレートとなる60fpsが出せています。

680SLIならそちらで32xCSAA+8xSGSSAAなども視野に入るかもしれませんね。
そちらで映し出されるPSO2画面は極上の一言ですよ。にはは。

0x00401044の発見はお見事でした。
その値が無かったら、私もこんなに設定を突き詰めてみようとは思いませんでした。

ShadowQualityを3にしてみて気付いたのですが、クエスト受注ロビーはPSO2純正AAでも5だとかなり暗いですね。
ShadowQuality 5の暗さが不具合でないのだとしたら、私は3の明るい画面の方が好みですし、写真映えもすると思います。

SGSSAAというのは使ったことがないのでよくわかりませんが、この記事を書いていたらもうGTX680を買うしかないような気になってしまったので、買ったら試してみたいと思います!

買うしかないよ。

ポポチりました。

そしてドライバ更新が出てTXAAが使えるようになりましたよ。
対応ゲームはベータ版でまだ1個のみという暗中模索ぶり。
http://www.geforce.com/landing-page/TXAA
でも夢がある機能なのでアレですねアレ

高負荷に耐えるために新しいグラボを買ったら、新しいグラボで使えるAAは負荷がかからないなんて、オカシナ話だよ!

非公開コメント

プロフィール

コリン

Author:コリン
たまにゲームする人
Twitter: Colti_pso

日常の話題はこちら:
http://maiser.blog55.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。